1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
永遠のパズル 4 (#33~34)
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/09/28[ Wed ] 23:18

連合軍の新型巨大MS『デストロイ』を何処からか現れた無属籍軍のMS『フリーダム』が破壊した。

多分後の未来の公式データにはそう記されるのだろう。
形として残す事は至極簡単で、それを知る側も簡潔に表面しか知らぬだろう。

しかし今。その光景を見つめ、識ってしまった者はどう思うのか。

シンにとっては、『ステラ』を『アスラン』のかつての仲間であり、彼を墜とした『キラ』が殺した、と。
アスランにとっては、『シン』が守ろうとした『ステラ』を『キラ』が殺してしまった、と。

そう、認識せざるをえない。

例え、『デストロイ』から辛うじて救出された『ステラ』が、ミネルバに監禁されていた所為で寿命を縮める結果となり、もう生体部品として『廃棄』寸前だったとしても。
その為にはかない命が燃え尽きたとしても。

『キラ』が『ステラ』を殺した、としか。



そうして、更なる悪夢は、訪れる。







「………キ、ラ」
レクルームに置かれたモニターに映された外部映像を食い入るように、しかし茫然と見つめていたアスランはたった一言、彼の人の名を呟いた。
空を駆るべき機体を失ったアスランは出撃待機するアラートに足を踏み入れる資格すらなく、それでも戦況が、出撃したシンが、気掛かりで。
今唯一許されたこの場所で戦いの行く先を見ていたのだった。

だが彼を愕然とさせたのは圧倒的な力で凍てつく街ベルリンを破壊するMSでもなく、その地獄のような無残な都市の残骸でもなく、…急に戦意を喪失し『デストロイ』に立ち向かえなくなったシンの事でもなく。突如鬼神のように舞い降り、今また戦況を掻き乱し、そして『デストロイ』を破壊させた『フリーダム』、キラの存在だった。

急激に指先から熱が失われていく錯覚に陥り、息が止まりそうだった。
隣でアスランと同じモニターを見つめ、彼とは違いシンの様子に目を凝らしているルナマリアの存在も、レクルームに集ったクルー達の存在も、少し離れて壁に寄り掛かりながらモニターを見ている『アスラン』を冷たい眸で見つめているレイの存在も、今のアスランには別世界の者だった。

キラ。
何故。
キラ…。


『キラ』。それしか、なかった。


愕然とモニターを見つめたまま立ち尽くしていたアスランを我に戻したのは、破壊され動きを止めた『デストロイ』のコックピットから救出された『ステラ』と、間もなく息を引き取った彼女の亡骸を抱き明々と燃え盛る炎に包まれた瓦礫の街を涙を流しながら歩く、シンの血の色に染まった眼差しだった。

悪夢、だと思った。
眠らないままに悪夢を見せられたと。

やがて亡骸と共に『インパルス』に乗り込みシンは何処かへと消えていく。
その情景を見て騒然となる艦内。しかしアスランは黙したままで。
「アスラン…っ」
隣に居たルナマリアがシンの行動に驚き、アスランに困惑した視線を向けた時、彼の身体は力を失って崩れかけた。
「アスラン!?」
女性であるルナマリアに腕を支えられて辛うじて倒れそうになるのを踏み止まれた。
「…っ、す、まない」
「大丈夫ですか!?」
「ぁ、ああ…大丈夫だ」
しかし顔色は恐い位に白い。完全に血の気を失った色だった。ルナマリアは彼の顔色と、掴んだ腕の感触にたじろぐ。
「…でも。医務室に行った方が…」
「いや、少し…休めば治るから…」
支える彼女の手をやんわりと払い除け、アスランはレクルームから立ち去った。
しかし残されたルナマリアは自分の手に感じた違和感が拭い去れない。上官であるアスランの異変に初めて気付いてただ呆然としていた。



「もう、恐いモノは…ないからね…」
白い花弁のような雪が音もなく降り続く。
「だから…此処で、安心して眠って…」
湖水に一瞬浮かび、やがて沈みゆく亡骸。
まだ少し暖かった肌は雪で凍り今では硬く冷たい。
透明度の高い湖水は沈んでいく彼女をいつまでも見る事ができて。
「………おやすみ、ステラ」
シンの涙が、彼女を冷たく包む湖水に零れ、ひとつになる。
せめて今落ちた涙だけでも彼女を暖めて下さいと。

そう願いながらシンは泣いた。

「君が恐いと思うモノは全部俺が壊してあげるから………」

そう呟いたシンの眸に何か、が宿る。


そう。全部。壊すんだ。

戦争を仕掛ける『敵』も。
戦場を混乱に包むあの『死の大天使』も。
ステラを壊した『フリーダム』も………その機体を操る、『アスラン』の大切なトモダチだという『キラ』も。

全部。全部。全部。
俺が、壊してあげるから。

そして、シンは目覚める。

鬼神として。

かつてアスランが愛した鋭いけれど暖かい柘榴の色は憤怒に支配された、血の色に変わっていた。
Category [ 時系列(No.03)【永遠のパズル】 ]
永遠のパズル 5 (#33 ~34)
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/09/28[ Wed ] 23:15
アスランは自室で独り、たたずんでいた。
思考は完全に停止して、脱け殻のようにベッドに静かに横たわっていた。
俯せになった姿勢で顔を枕に沈めたまま。

もう、判らない。
幾ら考えても、幾ら思い出しても。
何も判らない。

キラはきっと殺す気などなかった。
かつての大戦でもお互いの友を討ち、お互いを殺そうとした過ちに気付いて以来『不殺』を信念としている彼は。
しかし巨大な悪魔の暴走を防ぐ為にした事は、例えその気がなくとも結果論としてステラを殺してしまった原因のひとつ、だ。
それだけが全てではないけれど、しかしきっとシンにはキラが殺したと映るだろう。
キラをよく理解している筈の自分ですら、そう見えたのだ。

不意に墜とされた時の記憶がアスランを襲う。
あの時の自分は本気でキラを止めようとしていた。彼が行なおうとしている事を、必死に止めようと。
しかしキラの言葉に動揺し集中力を欠いたのは事実だ。それが撃墜に繋がった事も判っている。
だが…自分は今、生きている。
『不殺』の彼だからこそ出来る業でもあるだろうが、今になってアスランは思った。
MSの機能性の違いもあるのだろうが、『デストロイ』に対しての攻撃は余裕が見られなくて。結果悲劇へと繋がった。
しかし自分は生きている。生かされている。

「俺は…」

枕に顔を埋めたままアスランは呟く。
キラに生かされたのか、それとも持つ力全てをぶつける程の価値がないのか。

しかしそう思うのは自ら戦うしかすべがない『戦士』だと認める事になる。それでは変わろうとした己の意志を全否定する事に繋がる。
そんな考えに至り、苦し紛れに眸をきつく閉じて。

「…俺は、戦うだけの、存在じゃない筈だ…」

自らそう決定付ける結論に必死で抗う。

せめて、願いたい。

友だから、『不殺』を貫く意志を抜きにしても、この命を散らせたくはなかったと。
まだ今からでも道は正せると。

今でも己が願うように、キラも同じだと。

そう願いたい。

「…俺は、………戦うしか出来ない訳じゃない………」

そうだ、と。何かしたくて、出来る限りの事をしたくて、彼らの手を振り切ってまでザフトに復隊しミネルバに今もいるのだ。

戦うだけしか己は出来ないのか。

否、そうではないと。

アスランは漸く迷い囚われる闇から這い上がる何かを掴んだような気がした。





やがて何処かへ消えていったシンがふらりと舞い戻ってきた。

インパルスが格納庫に収められ、シンがコクピットから出てきた時、整備クルー達はシン失踪時と同じく騒然となった。
凍り付きそうな程冷えた、赤のパイロットスーツはたぶんステラの物であろう血がこびりついていて。
そして…シンの眸はどこか濁ったような血の色彩を湛えていた。以前の彼とは明らかに違う、殺気に溢れた目付きに周囲はかける言葉も失った。

「…シン、大丈夫か?」
「………ああ」

ただ一人、レイを除いて。
整備クルー達がシンの様子に怯え、彼をを避ける中、格納庫にふらりと姿を現したレイがシンに近寄った。
「お前に見せたい物がある」
「見せたい物?」
「ああ、後からでいい、部屋に来たら見せよう」
「判った」
たったそれだけの会話をしてレイはまた何処かへと立ち去った。しかしその眼光は鋭く、何かを確実に秘めていた。



今、何かが蠢こうととしている。生まれ変わり、そして食い破ろうと足掻き始めている。

それが何なのか、シンも、アスランも今は判らない。
しかし、それが目覚めるのはもう直ぐ其処まで迫っていた。
Category [ 時系列(No.03)【永遠のパズル】 ]
永遠のパズル (#31 ~32)
TB[ 0 ]   CM[ 0 ]   Edit   2005/09/23[ Fri ] 01:15
「こぼれおちるもの」(裏のみにUP)「TIGHTROPE」(一部裏)の続編「永遠のパズル」をUP致しました。しかしこれも2のみ裏にUPです。
一応それが無くても判るようには描いてはあるつもり…。

つもりだけど…。

というかさ。絶賛好評落下中なんですけど。アスランさん。

一体何処まで落ちるのか。ある意味かいてて自分自身この落ちっぷりが愉しくなって参りました(笑)。

このタイトルはまだ続きます。このタイトルでアスラン脱走まで書くつもりなんで。で、一応終わりになるのかな?。
続きは明日以降。思ったより先に進まなくてびっくりだよひさこさん。


Category [ 時系列(No.03)【永遠のパズル】 ]
永遠のパズル 1 (#31 ~32)
TB[ 0 ]   CM[ 0 ]   Edit   2005/09/23[ Fri ] 01:10
やがて、不安は現実となっていく。



シンが独断でステラを連合側に返し、営倉入りになって数日。重罪を課せられると思われたシンは本国より何も咎められる事無く、共謀者のレイと共に解放された。
その驚くべき決定に周囲が騒めく中、シンは明らかに以前の彼とは違っていた。威圧感を放っており、まるで力を鼓舞し増長するような彼の姿は、自ら暴走し決して幸せではない何処かへとがむしゃらに走り続けているようにも思えた。
彼が変わってしまった事にクルー達は怯え不審に思いながらも憶測でその裏を勘ぐる。

だが誰もがその真実を言い当てる者は居なかった。


真実を知らず識る者、アスランは沈黙したまま。





あの牢獄での凌辱以来、アスランは何処か疲弊し切ったような、まるで脱け殻の如く空虚な人間になっていた。シンの変化と対を成すかのような彼の変化はやがてミネルバ内の誰もが気付いた。だがそれは『セイバー』を墜とされ、部下であるシンの問題行動の所為だろうと思われていたようだった。寧ろ同情的な眼差しで見つめられる。
アスランはそんな視線が向けられる中で、平静を保っていた。そうしなければ追い詰められた精神を辛うじて繋ぎとめるのが出来なかったのだ。何食わぬ顔で任務をこなし、時折苦痛に満ちた表情を浮かべるが、それでも決して周りには悟らせない。

だが、翡翠の眸は虚ろだった。あの日以来、自室で独り言のように記憶の中のシンにさよならを告げて以来、綺麗な翡翠は濁っていた。


それに気付く者もまた、シンだけだった。







「…不問、でありますか…?」
アスランはシンが解放された事を艦長室で教えられ表情を強ばらせた。
「…早い話、そういう事になるわね」
「今までの功績がどうとか色々理由がついていたが、結局は彼らは『特別』だという事ですよね」
神妙な顔つきで話すタリアの横で、副艦長であるアーサーも同じく強ばった表情で呟いていた。
ヱクステンデッドの少女ステラはどんな形であれ地球軍の兵士であり、しかも『ガイア』のパイロットだ。立場上は『捕虜』の彼女を上からの命令なく解放し、しかもあちら側の上官に直に引き渡しをしたのだ。普通ならば『銃殺』、恩情があったとしても『幽閉』などの重罪は免れない。
それが事実上の『無罪放免』だ。

「………本当に、議長は何を考えているのかしら」
タリアが少々憎らしげに呟く。議長と艦長の間に一体どんな繋がりがあるのか、アスランには判らない。だから今、彼女がどんな気持ちで呟いたのか知る由もない。それよりも、彼にとってもっと大事な事がある。

「アスラン?。どうしたの。顔色が優れないようだけど…」
「あ、いえ。………何でも、ありません」
タリアに訝しげに尋ねられ、アスランは迷走していた思考を慌てて呼び戻した。しかしタリアの鋭い目はアスランの態度に隠されたものを探ろうとしている。必死に隠している全てを見透かされそうで、アスランは半ば話を無理矢理に終わらせてその場を立ち去った。
しかし、艦長室を出る際にアスランの背中に浴びせられたタリアの言葉。

「………シンを、頼むわね。アスラン」


それが、いつまでもアスランの心に突き刺さっていた。



逢いたくない、しかし逢いたい。

完全に捻れた関係。もう以前のようには居られない。笑い合う事も、触れ合う事も、交わる事も。出来ない、と。

しかしそれでも。凍り付いた心の何処かで惨めな程シンを求めている。

アスランは、翡翠の空虚な眸を彷徨わせたままで。

艦長室を出て自室に戻る途中の通路で、アスランはとうとう出会ってしまった。

シン、に。

刹那、彼らを取り巻く空気が、凍り付く。

ルナマリア、レイと共に通路を歩いていたシンはアスランの姿を見つけて、ぎらつく眸を彼に向けた。柘榴の眸はまるで血を流しているかのように紅く、アスランに未だ残る心の消えない傷を抉る。
アスランは視線を合わせられずに立ち止まって俯いた。動けなかった。彼に対する、悲哀や恐怖、そして今でも消えない恋慕が、身体の自由を奪い去っていた。壁側に逃げるように退いたアスランをシンはにらみつけたまま無言で通り過ぎる。

通り過ぎる瞬間、小さな声で、シンが何かを云った。それはアスランにしか聞こえない、言葉。俯いていたアスランの翡翠の眸が大きく見開かれる。

シンの言葉に凍り付いたままのアスランを残し、シンはそのまま立ち去っていく。口元に笑みを浮かべて。二人の様子が明らかにおかしい事を気にした、ルナマリアの同情めいた不安げな眸と、レイの冷静を装った、何かを見定めるような視線にアスランは気付く余裕すらなかった。
Category [ 時系列(No.03)【永遠のパズル】 ]
永遠のパズル 3 (#31 ~32)
TB[ 0 ]   CM[ 0 ]   Edit   2005/09/23[ Fri ] 01:09
アスランが意識を取り戻した時には、室内にシンの姿はなかった。残された物は、シンが放った精液と、彼によって再度汚された己の肉体のみだ。

冷たい床に疲れ切った身体をよこたわらせ、アスランは茫然としながらシンが消えていったドアを見ていた。
涙は既に枯れて出ない。泣き叫んでいた喉は擦れ、声すら失っていた。
渇いてはりつきそうな唇を薄く開いて。

『シン』と。

声もなく、呟いた。

どうしてなのか判らない。何故そんなにも憎しみをぶつけられるのか。
でも。こんなにされてもまだアスランはシンを思い切れなかった。彼よりも遅く始まった恋慕は止まず彼を欲している。惨めだと罵られても、淫らだと責められても、いい。

『判ったよ…シン』

また、声なき言葉を紡ぐ。

『お前が欲しいのなら、幾らでもこの身体を弄んでいい』

ずる、と疲弊した身体を動かして、アスランは起き上がって。へたり、と座り込んだ。
そして宙を、空虚な翡翠が見つめて。

『けれど…俺の、気持ちだけは…』

そこには居ない、かつて愛し合った彼の人の面影を探して。

『俺は…まだお前を、好きなんだ…』



虚無に囚われたアスランに、タリアの言葉が重くのしかかった。

こんな自分に、出来る事は…それしかない、と。






アスランは営倉から出てきたばかりのシンに再び犯され、身体も心も傷つけられながら彼を想い、日に日に痛ましい程に弱っていくのを隠して。

シンは彼に対する全ての感情をどす黒い憎しみにかえてぶつけ、その心に彼の姿を愛しき者として映すことはなく。

お互いが壊れた心を抱えたまま過ごしていた。
他人の前では冷えきったまま、それでも表面上は何事もなかったかのように装っていた。



そして、悪夢が訪れる。


シンにとって、アスランにとって、想いを壊し、関係を壊したあの日の不安が、現実となって降り掛かったのだ。

やはりステラは、アスランの危惧した通りに戦場へと戻された。絶望したくなる程巨大なMS『デストロイ』に乗り込み、その冷たく巨大な機体を駆り都市を破滅へと導いて。
彼女の意思はおろか、命ですらあちら側にとっては無意味なものだと、彼女によって失われていく多くの命と共に彼らに突きつけられた。

そしてそれを知らぬシンは剣を交え、やがてパイロットが彼女だという事実に気付いて絶望する。
アスランの云う通り、彼女は死んだ。戦場で。
しかも。アスランを撃墜した、フリーダムが、デストロイを破壊した。

シンにとっては認めたくなかった現実を突き付け、憎き相手に更なる憎悪を抱き、そしてアスランにとっては………思いもしなかったキラの出現で最悪の結果を招かされ。

二人は、悪夢を見せられた。


もう、幸せな夢を見る事は許さない、と神によって定められたのかと思う程に。
Category [ 時系列(No.03)【永遠のパズル】 ]
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。