1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
真実と幻想と 3 (#28)*一部グロいかも。
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/09/24[ Sat ] 22:46
刹那、凄まじいまでの光が、高熱を孕んだ光が、ドアの向こうの『外』で輝いた。
『中』に居たアスランの目の前で、『外』に出たシンの姿が、光に包まれて。


一瞬で光に溶かされるかのように焼かれ、崩れていくシンの姿。

肉は溶け骨が吹き飛び流れる血すら、一瞬で蒸発する。



「ぁ、…あ、あ…」

アスランは目を見開いて咄嗟に手を伸ばした。崩れゆくシンに。

しかし次の瞬間光速より遅れて空気を伝わってきた爆発音が衝撃となってアスランを襲う。
玄関の壁に身体を打ち付け激痛に意識を失いかけるが、必死に翡翠の眸はシンを探す。

「シ、ン…っ、シン…シンッ!!」

床に倒れこみながらドアの向こうの『外』を見たが………其処にはシンの姿は、なくて。

「シン…?、シン…っ、シン!!」

在るのは、彼の物だった、肉と骨の一部だけで。

「…っぁ、あ…ぁあ、………ッ」

がたがたと身体が震える。
一瞬で、失った。
幸せも平穏も、愛しい彼も。

何もかもを、失った。

嘘だ。嘘だ嘘だ嘘だ。
こんな、誰か、嘘だと云ってくれ…。

「うわぁぁぁ---ッ!!」

アスランは、『シン』だった物を掻き集めるように、血に塗れながら肉と骨を必死に掻き抱いて。

『外』へと、叫んだ。








「…ン、アスラン…っ」

誰か、が呼んでいる。

誰…?。シン…の、声?。

いや、彼は今、消えた…。では、誰…?。



「アスラン!?」

叫ぶように名を呼ばれてアスランの意識が覚醒した。

「………ぁ」

勢い良く眸を見開き、茫然と視界に映るモノを見た。
朝日に照らされたコンクリートの天井と、自分を覗きこむ、シンの姿。

「あ………シ、ン………?」

思考が完全に停止していて、現状が理解できない。

「大丈夫ですか?」
とても不安そうに尋ねるシンの声に、アスランは漸く視点を彼に定めた。
翡翠に映りこむ、黒髪の少年。未だ幼さの残る柘榴の眼差しの、少年。

「ああ………」
漸く頭がはっきりとしてきてアスランは擦れた声で返答した。

夢、だったのだ。
あの幸せは。
あの悪夢は。

ほぅ、と深く溜息をついてアスランがベッドに横たわっていた身体をゆっくりと起こす。未だ夢の余韻から醒め切れていないのか、力は抜け、かたかたと小さく震えている。

「アスラン…」
「…すまない、起こしたのか…」
俯いて自分を包む毛布を見つめながらも、隣に感じるシンの気配に安堵する。

本当に夢だったのだ、と。

「いえ、俺はいいんです…けど…うなされてましたよ…?」
「………ああ、ちょっと………夢を、見た…」
広いとはいえないベッドの隣に座り、心配そうに声を掛けるシン。アスランはゆっくりと首を動かして彼を見つめた。

夢の中の青年とは違う、今のシン。それがひどく胸を締め付ける。
Category [ 時系列(No.00)【番外編・短編集】 ]
COMMENT






  
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。