1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
ボディーブローな恋愛事情 表 02
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/12/26[ Mon ] 01:19
「もう、あんたの云う事は信用できねぇっ!。男の純情弄ぶなんて、あんた、鬼だ!。鬼っ、悪魔っ!。鬼畜っ、変態ッ!」

最後の一言は余計だろう。
というより、二人の関係を知らぬ者には全く判らないが、当の本人であるアスランにはダメージがでかかったらしい。

『だっ、誰が変態だっ!。お前の方こそあんな………っ!』

思わず勢いで云いかけてアスランは首まで真っ赤にして口元を抑え黙り込む。
そしてシンにしか聞こえないようなか細い声音でぽしょぽしょと呟いた。

『………あんな、とんでもない格好、させたりして………オヤジくさい』
「悪かったな!。オヤジくさくて!。仕方ないだろ、若いんだから色々試したいの!。つか、アンアン泣いて悦んでたじゃん!」

しかしアスランは墓穴を更に掘り進めてしまったらしい。
シンが逆上して公衆の面前でアスランの痴態をばらしかける。

『わぁーーーッ!。シンーーーッ!』

アスランがモニター越しに絶叫してシンの言葉を遮った。

『判ッ、判ったから!。もう、それ以上喋るな馬鹿野郎!』
「何がっ!。大体あんた、俺の初恋なのに、散々振り回してお預け食らわせて!。しまいには要らなくなったらポイ捨てかよ!。俺ゴミ!?。ゴミ以下!?」

『………………………シン』

シンが思うがままに叫んだ直後、アスランの低い声音が聞こえてくる。
ビクリ、と肩を竦めてアスランを見やれば、完全に彼は怒っていた。

翡翠の眼がやけにギラギラとしていて。
眼が据わっている。

うわぁ、云いすぎたと内心慌てるも、既に遅い。
ここまできたらシンとて簡単には引き下がれない。

「なっ、何ですか………」

しかし口調は勢いを失い、怯えている。

『それ以上何か云いたい事があるなら、直接俺に云いに来い。幾らでも相手してやる』

まるで視線だけで相手を殺しかねないような、本気の殺気をシンにぶつけてアスランが唸る。

「え、え?。それって………?」

言葉の意味にシンがおかしい程動揺して。

『だから、今直ぐこちらに来いと云っているんだ!。それ位判れ、馬鹿野郎!』
「あっ、アスラン?」

手をぶんぶんと振り回してシンが狼狽えるとアスランは更にシンを睨み付ける。

恋人に向ける眼差しではなく、今にも殺さんとする敵のような眼。

『今直ぐチケットの手配をしてやる!。だから真っすぐ俺の所に来い!。判ったな!』

そう叫んで、アスランは一方的に回線をぶち切った。

取り残されたシンは呆然としていて。
暫らくの間、モニターの前に座り込んでいたらしい。

不意に後ろから宙港のスタッフに声を掛けられ、プラント行きのシャトルの準備が出来たと告げられた。
アスランにとって評議会議員就任直後、初の特権利用がプラント行きの専用シャトルを貸し切り、たった一人の少年を己の元に送り届ける事となった。
まさか本当に呼び付けられるとは思いもしなかったシンはアスランがそうされたように半ば拉致まがいに連行され、つい数時間前まで居たプラントまで逆輸送される事になる。
最初こそ混乱していたが、すれ違った怒りと彼に逢える期待でシンも再び活気づいて。
プラントに新しく用意された評議会議員のアスラン・ザラ私邸に送り届けられた頃には痴話喧嘩の戦闘準備は整っていた。

そして久方ぶりの再会は、宙港の通信回線でかわした痴話喧嘩よりヒートアップした肉弾戦となって。
予想どおりアスランの蹴りに一撃で沈められ、しかし何度も食らい慣れたお陰かシンも負けじと沈め返して。
ザフト軍人らしい肉体を使った激しい痴話喧嘩が繰り広げられたらしい。



それでも好き合っているからこそ。



最終的にはアスランがシンに負かされ、散々泣かされたのは云うまでもない。

Category [ SS R15 ]
Thread Title[ 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ]   Thread Theme [ アニメ・コミック ]
COMMENT






  
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。