1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
月ひとしずく 01 ( #43~45)
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/12/19[ Mon ] 23:09
ミネルバから打ち上げられた信号弾により、過酷な戦場とされた海原に囲まれた小さな島国は静けさを取り戻した。
それぞれの武力は己が陣営へと帰投していく。

ザフトはザフトへ。
オーブはオーブへ。

そしてAAは現時点では何処にも戻れず還れず、取り残された海原を漂っていた。
まるで人間によって引き起こされた争いの残骸で汚された自然を見つめるかの如く。

ザフトがオーブを陥落させんとした発端となった人物、ジブリールは激化する争いの中に紛れるように逃亡して何処かへと消えた。
極秘に用意されたシャトルはやはりオーブ側の物であったが、ジブリールと同じ『ロゴス』のメンバーで今回の件も手引きをしていたセイラン家一族が血を絶やす結果となった事と、彼らに政権を奪われていた本来の指導者であるカガリが国に戻った事から、ザフトは今一度だけオーブの出方を見守る結論を出した。
それよりも最大の目的であるジブリールを、戦犯であり未だ勢力を保つ危険分子の男を追撃する事を最優先としたのだった。

ミネルバに帰投する途中でジブリール追撃の命を受けていたルナマリアから報告を受けたタリアが、軍本部にいる議長にそれを進言し認めさせたのも一因だった。
この戦闘を継続させる事は両軍共に無意味だといち早く判断しザフト全軍撤退を命じたタリアの進言は、他の軍上層部の者よりも的確であると議長が認めた形となった。

「…ジブリールは残念ながら逃してしまいましたが、ひとつ重大な報告があります」
『………何だね?。タリア艦長』
一切の私情を廃したタリアの報告を通信回線の向こうの議長は何も追求せず聞いていた。
タリアにも、周囲にいる部下達にも本音を隠しながら。
「AA及びフリーダムがこの戦いに参戦した事により一気にこちら側の不利となりました」
『…やはり、あの艦は沈まず潜んでいたか…。しかし、…まさかフリーダムまでも現われるとはね………』
簡単に消え去るとは思っていなかったというのだろうか。
議長は然程動じもせず報告を受ける。
そんな彼の態度に、では何故討伐の命を下したのかという疑念がタリアの中に浮かぶも、彼女はそれを決して表には出さない。
「………そして、もう一つ。先の大戦でも『あちら側』に属し戦った『ジャスティス』と思わしき機体も参戦しておりました。多少のカスタマイズを施されていても、あれは間違いなく『ジャスティス』かと思われます」
『………………ジャスティス、か…。では…』
「ええ、恐らくは」
暫しの沈黙の後、議長は呟いた。
又も動じない声音だったが、しかし明らかにひとつの確信を匂わせる呟きに、タリアはあっさりと肯定する。

突然開かれた緊急チャンネルによって交わされた会話。
『デスティニー』に乗り込むシンに問い掛けるあの声、姿。
今更全てを語らずとも通じるであろう、と。

アスラン・ザラが、生きていた。

議長が命じ、雷鳴轟く海底へ沈めた筈の男が、かつての大戦でジェネシスの発射を阻止せんと爆破させた愛機『ジャスティス』に乗って現われた、という現実。
タリアはそれだけを伝え、あとは何も語らなかった。
議長もそれ以上の追求も詮索もしてこない。
すれば逆にタリアに勘ぐられるのを充分理解していた。
そして議長は戦闘を労い、次の命令が下されるまでの間、補給と整備を目的とした暫しの休息をミネルバに与え、タリアとの通信を終了した。

回線が切れた後、タリアは深く溜息をし、議長は静かに目蓋を閉じて。
同じ事を、違う側面から見つめ考える。

やがて議長は何かの策を模索し、部下であり手駒でもある軍本部へと命じたのだった。



「………ン。シン?」

ルナマリアの優しい声が、たゆたっていたシンの意識を呼び戻した。

「………ん。ルナ………?」

ぼんやりと開かれた目蓋は赤く腫れていて。
ひどく重たく感じられた。
それが泣いていたからだと、直ぐに判った。
「大丈夫?」
「あ…ごめん。俺、あのまま…」
目の前に居るルナマリアの顔を惚けた表情で見つめながら、次第に覚醒していく頭が今の状況を理解していく。

ミネルバに帰投し、軍服に着替えずパイロットスーツ姿のままで自室に籠もったシンを案じてルナマリアが訪れ、そして彼女に縋るように泣き崩れたまでは覚えている。

しかしその後の記憶が曖昧で。

「………お、れ…?」

ベッドに横たわっていた身体をゆっくりと起こし、シンは己の格好を見回した。
あわせてルナマリアも隣で横たえていた身体を起こす。

「………え?、え………?」

少し混乱して、シンは何度も瞬きをする。
Category [ 時系列(No.08)【月ひとしずく】 ]
Thread Title[ 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ]   Thread Theme [ アニメ・コミック ]
COMMENT






  
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。