1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
侵食 13 (#38~39)
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/11/13[ Sun ] 23:59
そして、戦いの火蓋は切って落とされた。
しかも、恐らく誰もが思いもしなかった形で、だ。

プラント、デュランダル議長側からの要求への回答期限を待たずして、地球軍艦隊から突如砲撃が始まったのだった。

要求に対し拒否された場合の為に海原に陣取っていたザフトを中心とした艦隊と、それを防衛する為に待機していち地球軍艦隊が、互いのトップの判断を待ちながら目の前の『敵』を監視していた時。

恐ろしく静寂が続いていた、その時。

地球軍艦隊のひとつの艦からミサイルが発射されたのだ。と同時に他艦隊からも一斉砲撃が始まり、一瞬にして灰色の海は赤く染まる。

最悪の、答え、だった。

勿論ザフト側に動揺が広がり、辺りは混迷した。直ちに戦闘開始準備が進められ、各クルーは己の職務に沿って迅速に動きだす。

シンも同じだった。
『デスティニー』のコクピットで待機していたから直ぐに出撃できる。
既にコントロールパネル等の計器類はチェックし立ち上げていた。
ミネルバから発進許可が下りる。

不意に目蓋を閉じて。

脳裏に浮かんだ、藍色の髪の人を、記憶から消して。

再び開かれた紅い眼差しには、迷いなどなかった。

『敵』を。
争いをなくす為にそれを阻む『敵』を、撃つ。

「シン・アスカ、『デスティニー』行きます!」

そう叫んで。

レバーを一気に押し上げた。



カタパルトから射出され上空に飛び出した『デスティニー』が見た景色は、壮絶なものだった。
ベルリンの街を焼き払った、あの『デストロイ』があちら側にいたのだ。
たった一機でもひとつの街を破壊した威力は凄まじかったのに、今は量産されたそれが五機もいて。
MA形態のそれらが一斉に放ったビームが一度に多数の戦艦を焼き払い、沈めた余波で高波すら引き起こして。
既に友軍の艦を幾つも冷たい海底へと沈め、跡形もなく消滅させていたのだった。
「………っ、何だよ、これは!?」
コクピットでシンが慟哭した。
余りにも、ひどかった。
確かにこちらの対応は突然の開戦によって出遅れたが、しかしそれでもダメージがでかすぎる。
「くそッ、あいつらーッ!」
シンは一気に体内の血液が沸騰したような錯覚に陥る。

あれは、あの機体は、ステラを、苦しめたもの。

それをあんなにも沢山造り、また同じ悲劇を、地獄の風景を生みださんとする地球軍、そして『ロゴス』に憤怒を抑えられない。

共に射出された『レジェンド』と『インパルス』も既に敵に接近している。
シンはその先頭を行くように加速して暴れ回る『デストロイ』へと向かっていった。
あちらからもシン達ザフトを阻もうと多数の量産機MSを出撃させている。
『デスティニー』が瞬時に高エネルギー長射程ビーム砲をそれらに向け発射させ、一撃で葬り去って道を開いた。
今度はビームライフルに持ちかえて近寄ってくる敵を確実に仕留めていく。
格段とシンの力は凄味を増していた。
狙いを外さず、仕留め損ねる事もなく。
それは新しく受領したこの機体の高い性能だけではなかった。
シンの中に根強く残る、争いを招くもの、生み出すものへの怒りがシンを更に突き動かしていた。
周囲ではルナマリアやレイも善戦している。
不意にコクピット前方にある小さなモニターを見れば、海上に浮かぶ艦のひとつが『インパルス』へ向けてビームを発射していて。
しかし『インパルス』はそちらではない別方向から接近してきたMSを撃墜するのに夢中で気付いていない。

「ルナ!」

シンは咄嗟に方向を変え左腕のシールドで己の機体を庇いつつ『インパルス』の前に躍り出た。
発射されたビームが激しい音をたててシールドにあたり、弾かれるように拡散していった。

『シン!?』
「ルナ、敵は上だけじゃなくて、下にもいるんだ!。海面にも気をつけないと!」
『…っ、うん、ごめん、ありがとう!』

庇いながら彼女に注意を促せば、一瞬だけ悔しそうな表情を浮かべたものの直ぐに素直に感謝の言葉を告げられた。
己の力量のなさと庇われる屈辱は感じても、しかし戦場では気にしていれば殺される。ルナマリアとて『戦う者』だ。
シンからの忠告を頭にたたき込み、意識を全方向へとむけた。
『デストロイ』は今も友軍を攻撃し破壊し続けていた。

『シン!、このままでは我らは全滅だ。先ずはアレを狙うしかない!』
「ああ!」
『切り込めるか!?』
「任せろ!」

『レジェンド』が『デスティニー』に接近し、レイがシンに策を告げる。
シンはそれに強く頷いて、ぎっ、とモニターに映る『デストロイ』の群れを睨む。
Category [ 時系列(No.05)【侵食】 ]
Thread Title[ 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ]   Thread Theme [ アニメ・コミック ]
COMMENT






  
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。