1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
侵食 2 (#37~38)
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/11/03[ Thu ] 23:05
青い機体が爆発し、沈んだポイントへと船が辿り着いた。
荒れ狂う海を操行するのはかなりの技術があっても難しい。
それでも舵を取る一人の男は、己の命をかけてでも、と必死になって。

潜入していた地球軍の艦で、ザフトの動向を探っていた矢先、偶然に傍受した無線に男は驚愕した。

『アスラン・ザラが脱走した』

己が唯一と認め従う姫の、仲間であり、最愛の男の名。

その彼がザフトに復隊したのは知っていたが、しかし今、再び袂を分かち、離脱したと。
傍受した情報に我が耳を疑いながら男は直ぐ様行動に出たのだ。

もしその情報が確かならば行かねばなるまい。
今彼を失えば我が姫が泣く。
それにまだ失うべき存在ではない。
彼、アスラン・ザラは今ここで死すべきではない、と。

潜入していた地球軍ではもう調べるだけ調べあげ、必要な情報は手に入れた。
自分ももう姫の元へ戻る頃だと、密かに内部の協力者に頼み用意していた小さな船で。
男、キサカは、アスランを、救う為に荒れる海へと出航したのだった。

漸く辿り着いた沈没ポイントでキサカは錘を降ろし、船が流されないように固定する。
しかしこの荒れでは時間の問題だ。
一刻も争う事態にキサカはダイビングスーツを着用し、酸素ボンベと水中で捜索し救出する為に必要な道具を担いで水中へと潜行していく。

直ぐに目的の物は発見できた。
機体は予想どおりバラバラで、辛うじてコクピット部分は砕かれていなかった事にほんの僅かだけ安堵する。
そしてコクピットを器具で固定し、再び海面へと浮上する。
船内に戻ったキサカはゆっくりと船が傾かないようにコクピットを海中から引き上げていく。
やがて海面へとあがったコクピットのセーフティシャッターを工具でこじ開けると。

「な………っ!」

キサカは、余りの惨状に、息を飲んだ。

コクピット内部は、血の海だった。

その中でぐったりとしているアスランと名も知らぬ少女二人が流した血だろう。
しかし圧倒的にアスランの流した血が多かった。

「なんて事だ…!」
撃墜されて無事ですむとは思ってもいなかったが、しかし予想を遥かに超えていた。
キサカは直ぐにアスランを担ぎ出そうとして、シートにかぶさるように気絶している彼の呼吸がおかしい事に気付く。
ひゅうと喉を鳴らし、殆ど息をしていない。
瞬間的にアスランの容体の悪さを判断して身体に響かぬように慎重に担ぎ、船内へと連れていく。
その後直ぐに少女も救出し、降ろしていた錘をあげて。

早く行かねば。
彼は、死ぬ。

キサカは船に積んでいた通信端末を開き、姫がいるであろう『大天使』に呼び掛けた。

「こちらキサカ。『大天使』に告ぐ。負傷者を発見、救出した。一刻を争う状況の為、乗船を許可されたし。負傷者は二名。一人は少女、もう一人は………かつて『正義』を掲げた同志だ」

きっとこれだけで、あちらには誰か通じるだろう。
例え通信を傍受されたとしても、危険を犯してまでも、彼を連れていかねばならない。

『こちら「大天使」。了解した。直ぐにそちらに迎う』

やがて答えが返ってきて、近くの合流ポイントを確認すると直ぐに通信は切れた。

キサカは船舶に設置された粗末な簡易ベッドに寝かされたアスランを見つめ、舵を握り、必死に荒波の中を操行した。

頼む、死んでくれるな、と。
お前は今ここで死すべき存在ではない、と。





揺れる船の中で、アスランは夢を見た。

赤く染まった水面に一人立つ自分。
辺りには何もなくて光すら灯らない。
行くあてもなく、ただ歩き続けて。

やがて闇の中に一人の少年の姿がうっすらと浮かび、アスランを見つめて涙を流した。

アスランが彼に手を伸ばした瞬間、彼の姿は滲み、赤い水面へと溶けて消えていった。



「………シ………ン」

ひゅう、と喉を鳴らして、アスランが誰かの名を呟いた。

しかしキサカには誰なのか判る筈もなく。




ごふ、と血を吐いてアスランは沈黙した。
Category [ 時系列(No.05)【侵食】 ]
Thread Title[ 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ]   Thread Theme [ アニメ・コミック ]
COMMENT






  
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。