1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
茜さす帰路照らされど 17 (#37)
TB[ - ]  CM[ 0 ]   Edit   2005/10/24[ Mon ] 23:14

停滞していたデスティニーが急に動きだし、ソードを引き抜いて。
雷光が長大な刄を照らし、頭部の眼が、シンと同じように、ぎらり、と光を放つ。

「シン………ッ!?」

レジェンドをかわし、再び先へと進みだしたアスランが、シンの異変に気付く。
レイもまた、シンが漸く目覚めた事を悟り、一切の攻撃をやめて。

デスティニーの背面にある部位がまるで翼のように拡げられ、妖しい光を纏ってグフを視界に捉えた。

「………っ、何で、こんな事に………ッ」

またシンの頭の中で様々な声が、聞こえる。

「あんたが、悪いんだ…ッ」
「シン、シンっ、やめろ!」

モニターに映るシンの表情を見てアスランに戦慄が走る。

あの時と同じだと。
ステラを失った時の彼と、同じ。
己以外を敵だとみなすような、まがまがしい気迫を放っていた彼と同じ。

アスランは、悟った。
自分の言葉はシンには届かなかったのだと。
ではきっと彼は。

シンは、アスランを、撃つ。

そう悟ったアスランには驚きも動揺もなく。
あるのは悲しみと、そして。

「…シ、ン」

ふ、とモニターに映るアスランがシンの名を呟いたけれど、シンにはもう届かない。

「あんたが裏切るから!。あんたが、俺を、裏切ったからーッ!!」

シンが絶叫と共にレバーを力任せに握り締める。
もはやモニターに映るアスランではなく、彼の駆る機体しか見えてはいなかった。

凄まじいスピードでデスティニーがグフに迫る。
ソードを振り下ろすも辛うじてグフがシールドで跳ね返し、後ろに飛びずさりながらヒートロッドを撃ちこんだ。
しかし今度は目標を捕える事は出来ず、伸ばされたデスティニーの右手の平から放たれたビームがソレを爆破し焼き切る。
初めて見る武装にアスランは目を見開いて。
その所為で反応が遅れた。

「………っ、あああっ!」

デスティニーが振り下ろした刄がグフのシールドを切り裂いた。
急激に攻撃が激しくなった相手に、アスランは過去自分も経験したあの感覚を思い出す。

シンは、目覚めたのか、と。
ならば、もう。

衝撃で跳ね飛ばされたグフに一気にデスティニーが接近し、ソードを振り回してグフの右腕を付け根から切り落とした。

アスランは覚悟を決める。
もはやここまでかと。
しかし巻き込んでしまったメイリン、彼女だけでも。
例えこの身がどうなろうと、彼女だけは守らなければいけないと。

反撃に出るのをやめ、咄嗟にシートベルトを外して恐怖で蹲るメイリンの身体を思い切りシートに引き寄せて。自分と入れ替わるように座らせて彼女の上に自分の身体を重ねて覆い隠した。

それら一連の行動は本当に一瞬で。
無意識下での行動だった。

上空に舞い上がり、ソードを突き立てながら再度急降下するデスティニーを、その機体を操るシンを、モニター越しにアスランは振り返り見つめた。

「シン!!」

願わくば。
言葉は届かなくとも。

想いだけでも、伝われ、と。

「うおぉぉーッ!!」

デスティニーが迫りくる中で、アスランはその機体ではなくシンだけを見つめていた。

突き立てられた刄が、グフの腹部を狙う。

狂気に取り付かれたかのように殺気を放つシンの視界の隅に、モニター画面に映るアスランが唇を動かしていた。
しかしシンには声は聞こえない。
聞く気すらなかったのだ。もう。
でも視界の隅で何かを語るその唇の動きは、いつもシンが見ていたもので。

それに気づいた瞬間アスランの声がシンの鼓膜に響いた。

シンの中でほんの僅かな誤差が生じる。

デスティニーのソードがグフを貫いた瞬間。

「     」

アスランの声が、した。

途端にデスティニーが動きを止め、グフは刄をそのボディにくらったまま宙で体勢を崩す。

ぐらり、と機体が揺れてグフが力なく落下していく。
シンの刄をその身に受けて、アスランが、墜ちていく。

完全にコントロールを失ったグフがそのまま海面に墜ち、水面に叩きつけられる瞬間その機体が炎を孕んだ爆音と共に爆発して。

粉々に砕け散る機体が、激流に引きずられるかのように海底へと沈んでいく。

覚醒していた何かが一気に治まり、はあはあと苦しげな呼吸を繰り返しながら、シンはシートに蹲る。
レバーをきつく握り締めるシンの思考は全てが終わったこの空間に取り残されていた。

己がした事と、その結果。

そして、アスランの、最期の言葉。



「愛してる」


確かに、そう告げていた。





アスランの言葉は、しっかりとシンに届いていた。
Category [ 時系列(No.04)【茜さす帰路照らされど】 ]
Thread Title[ 機動戦士ガンダムSEEDDESTINY ]   Thread Theme [ アニメ・コミック ]
COMMENT






  
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。