1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
管理人ひさこによるガンダムSEED DESTINY及び蒼穹のファフナーのファンサイトブログです。オフィシャル等とは一切関連はございません。
スポンサーサイト
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   --/--/--[ -- ] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category [ スポンサー広告 ]
【フェイス】03
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   2008/11/30[ Sun ] 22:45
シンからのメッセージを見てから数日後、何故か周囲のアスランに対する対応に変化が現れた。
大丈夫か?と聞かれる事が急に増えた。大丈夫だよと答えるのも自然と増えた。何が大丈夫なのだろうか。自分には全く判らない。けれど何度も尋ねられれば、自分でも気付かない何かがあったのかと不安にもなる。
本当に大丈夫なのに、否、本当に大丈夫なのか。

判らないまま、アスランは答えるしかない。

大丈夫だ、と。



遠く離れたシンからのメッセージ。もう限界だと告げられた、恋人からの伝言。
幾ら普段職務を優先しているアスランでも、気にならない訳がない。当然告げた言葉の真意を知りたいと思う。
けれどアスランはシンにコンタクトを取る事はしなかった。正しくはしたくとも出来なかった。アスランの方から連絡を取る僅かな時間すら、過密なスケジュールに忙殺されていたからである。だからといって私情に振り回された挙げ句、職務に差し支えるような真似はしたくない。信頼を寄せてくれているカガリ達に迷惑はかけたくない。
そうやってシンの言葉を頭の隅に追いやり、アスランは任務に没頭していた。


「アスラン、お前本当に大丈夫か?」

今日は戦災で亡くなった人達を弔う慰霊祭があり、その後には慰霊祭の参列で訪問している地球連合の政府高官との会談を控えている。アスランはカガリに付き添い、慰霊祭の会場となった街外れの海岸へと向かっていた。
その車中で又聞かれたのだ、大丈夫か?と。
これで何度目か数えるのも億劫な程繰り返し聞かれた言葉。今アスランに思い当たる節は一つしかなくて。
「ああ、別に何ともないぞちゃんと定期検査は受けているし、検査結果も異常はない」
だから心配しなくていいと、微笑みを浮かべながらアスランは答えた。
アスランがオーブに戻ってきた時、酷い怪我を負っていた。それこそもう助からないのではないかと悲観する程瀕死の状態だった。医師達の懸命な治療のお陰で今でこそ元気に暮らしてはいるものの、多忙なスケジュールをこなすには些かの不安はある。カガリや医師に勧められて今も時折躯の状態を診てもらっていた。
恐らくその事を心配してくれているのだろうと思ったから答えたのだが、しかしカガリは何故かじっとアスランを見つめていた。
「……それならいいが」
そう言ったきり黙ってしまったカガリは、手元にある今日の慰霊祭の予定表に視線を落とした。
俯いた顔に、何故か翳りが滲んでいた。




慰霊祭の会場はアスランにとって思い出のある場所だった。
正しくは、シンとの思い出、のある場所だ。

少年が家族を喪いザフトに入隊するきっかけとなった襲撃。その被害で亡くなった人達を弔う為に建てられた慰霊塔。

過去の悲劇を忘れる間もなく繰り返された戦争。漸く終戦を迎えて直ぐの頃に、シンと再会した場所が此所だった。

そして、二人の関係に変化がおとずれたのも、此所だった。

アンタを嫌いな訳じゃないです、と。共に居た頃は生意気で天の邪鬼だったシンが、初めてアスランへ好意を伝えた場所。
俺もお前の事をずっと気にしていた、と。アスランもシンに告げた場所。

やっと互いに素直な気持ちで語り合えて。そうして和解から信頼へ、信頼から恋情へ。

互いに抱く想いが変化していくきっかけとなった、二人の思い出の場所。


久し振りに其所へ足を踏み入れて、アスランは暫し感慨に耽る。今頃シンはどうしているのかと。
無論そんな私情は一切顔には出さない。亡くなった人達を弔う式典の最中に不謹慎だからだ。
けれど、どうしても意識は記憶に眠るかつてのシンを思い出す。

月面で救助に向かった時に見せた、悔しさと哀しさで泣きそうだったシンの顔。
この慰霊塔で再会した時に見せた、会いづらいと戸惑い躊躇していたシンの顔。
徐々に打ち解け出し、親しくなっていく内に見せてくれた、シンの色々な表情。
告白する緊張の余り睨んでいた顔、想いを受け入れられ喜んでいた顔、多忙な為に逢えなくて淋しがる顔、もう限界だと告げて泣き出した顔。

思い出すどの表情も、鮮明に浮かんでくるのに。

今、この場には、シンは居ない。アスラン独りしか、此処には居ない。


それが少しだけ、淋しかった。




「アスラン?」
「……あ、ああ」
不意に隣に立つカガリに呼ばれ、アスランの意識は記憶から現実へと引き戻される。今何かが判りかけたような気がしたけれど、それ以上物思いに耽る場合ではないと、アスランは私情を排除して式典に集中した。
やがて式典は最後のプログラムを終え、次に控える会談に向かう為カガリを警護しながらアスランは車へと歩き出す。慰霊祭にはアスラン達政府関係者だけでなく、此処に弔われた被災者の遺族達も多く参列していた。沢山の人達でごった返す中を警備係に囲まれながら歩き、二人が乗り込む車まであと少しという至近距離まで近付いた、その時だった。


「アスラン!」


雑踏の中から聞こえた声。
アスランを呼ぶ大きな声。

「アスランッ!」


どんな雑音に紛れても間違う筈などない、アスランになら絶対に聞き分けられる声。


「ああっ、ちょっとすいません、退いて下さい……アスランッ!」


でも、今此処で聴こえる筈など有り得ない声。

「アスランッ、アスランッ!」
「…………え?」


まさか、と思いつつ振り返る。




「シ、ン」


其所には、シンが、居た。
錯覚でも幻覚でもない、確かに現実のシンが。

人だかりに紛れて、アスランの目の前に居た。
スポンサーサイト
Category [ SS ノーマル・CP ]
【フェイス】02
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   2008/11/23[ Sun ] 23:57
世界中には戦争で壊滅的な被害を被った街が数多ある。それでもその土地で生きる者達は努力し、復興しようと日々頑張っている。今回アスラン達が視察した街もその一つだった。
今もまだ混乱に乗じた犯罪等が若干あるが、住民達自ら自警団を結成して街を守っていた。カガリはそんな現状を直に確かめ、何が必要か意見を聞く。アスランは、復興を目指す者の中に不穏な輩が居ないか目を光らせる。
そうやってオーブ内外を飛び回る多忙なスケジュールは、アスランから私的な時間を奪っていた。

躯を休める時間も、恋を語り合う時間も、今のアスランには無かった。

それでも、当然だと、思っていた。

視察先からオーブ官邸に戻ると、カガリはまた別の職務に向かった。アスラン以上に多忙な彼女の代わりに、視察の報告書を作成するのもアスランの任務の一つだった。
真っ直ぐ自分の執務室に戻り、早速パソコンを起動させる。
「……ん?」
起動と同時に繋がるよう設定された通信回線。モニターに見慣れたアイコンが表示され、アスランの目は自然とそれに注目した。
「……メール?」
気付けば、一件の新着メッセージ。
誰だ、と思う前に、シンだ、と判る。
差出人を確認するまでもなかった。何故ならばこの回線は軍用ではないアスランのプライベート用で、知るのは極僅かの人間しか居ない。尚且つその回線を通して頻繁にメッセージを送る人間は只一人、シンしか居なかったからだ。
「全く……今度は何の愚痴だ……?」
そんな言葉が勝手に洩れる。溜め息をつきつつメールを開くアスランの顔は、笑っていなかった。
一体いつメッセージを送ってきたのだろうか。つい先程なのか、それとも視察に行く直前か。否、どちらでもいい。視察から戻ったばかりで疲れているのに、そんな時ですらシンの愚痴を聞かねばならないのか、と。正直少し鬱陶しくもあった。
付き合う前は生意気な口ばかり叩いていた。付き合ってからは我が儘を言いまくる。本当に手のかかる子供。そういう印象を、アスランはシンに対し抱いていた。
だから今開こうとしている新着メッセージも、又愚痴や我が儘を一方的に喋っているんだろうと。視察に行く前、無理矢理終わらせた愚痴の続きか何かだろうと。
安直に考えたアスランは、それでも律儀に恋人からのメッセージを再生させた。
『…………』
けれどモニターに映されたのは、やけに神妙な顔付きをしたシン。
『…………』
再生と同時に、重々しい沈黙がモニターから伝わってくる。正しく再生されている筈なのに、シンは口を閉ざしなかなか喋らない。じっとモニターの向こうからアスランを睨むように凝視しているだけだ。
生意気な表情、不貞腐れた態度、いつもと変わらぬ可愛いげのないシンの姿。
しかし、何故だろうか。そんなシンの様子に違和感を覚える。
『…………アンタ』
程なくして、やっとシンが喋り出す。
『今は国が大事って言うけど……』
恋愛よりも世界、それは常々アスランがシンに説いた言葉。
『アンタの言ってる事……間違ってない』
今成すべき事は平和な世界の実現。
『それは俺だってよく判ってる……』
進む道は違えど志は同じ二人。
『戦争を世界から無くしたいって思うのは俺だって同じです』
だから今は離れていても、いつか笑っていられる日の為に、と。
『でも……じゃあ聞くけど』
そう思って、そう願って、頑張ってきた筈だ。
『俺達……全部犠牲にしなきゃ駄目なんですか?』
アスランも、そして、シンも。
『アンタとの時間、犠牲にしなきゃならないの?』
不意にモニターに映る、数時間前のシンの顔が、クシャリと歪む。
『俺はアンタの……何なの?』
それまでずっと睨んでいた少年の生意気な顔が。
『俺……アンタの恋人、なんだよね?』
今にも泣き出してしまいそうな、子供の顔になって。
『会いたいとか話したいとか、思っちゃ駄目なの?』
思わず固唾を飲んで、次の言葉を待つ。
『アンタの事、想っちゃ駄目なんですか?』
過去の映像に、過去の言葉に、過去のシンに。
『アンタさ、本当に俺の事……』
現在のアスランが何かを言える筈もなく。
『好き、なの?』
一方通行の独白に何一つ言ってやれない。
『俺はアンタに会いたい……っ』
とうとう泣き出した少年の泪も拭いてやれない。
『会いたい……アスランに会いたい……』
会いたい、会えない。
『会いたいよぉ……ッ!』
けれど、傍に居ない。
『……俺、もう限界…………』
絞り出すような呟きと同時に、メッセージの再生は終わった。
「…………」
モニターの前で絶句するアスランを独り残したままで。


そこまで追い詰めていたのか。

俺は、お前を。

シン、お前を。



そればかり、頭の中を駆け巡っていた。
Category [ SS ノーマル・CP ]
【フェイス】01
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   2008/11/18[ Tue ] 21:49
「アスラン……会いたい……」

悲痛な表情。感情の吐露。

「アンタに会いたい……っ」

シンの、本当の、気持ち。

「会いたいよぉ……っ!」


何も、言えなかった。






多忙を極める、とはまさしく今この現状を言うのだろう。つくづくアスランはそう感じていた。
しかし、モニターに映る相手はアスランの都合などお構い無しに、さっきからずっと一方的に喋りまくっている。
『……でね、酷いんですよアイツ!』
「ああ……」
『人に仕事しろって言っておきながら自分はちゃっかりサボってんですよ!』
「ああ……」
『俺にレポートの提出押し付けておいて、アイツってば』
「ああ……」
シンの言葉に一応相槌はうつものの、アスランの眼はモニター横の時計をチラチラと見ている。
無視をしたら怒る。けれど話をちゃんと聞くつもりもない。何より、そんな時間がない。
何とかこの場を丸く治めようとアスランなりに考えての行動だったが、所詮浅はかな目論見である。
『……ちゃんと話聞いてます?』
と、案の定バレてしまった。
モニターに映るシンを見るふりをして時計を盗み見、生返事ばかり返すアスランの態度に、アスランだけを見て喋っているシンが気付かない訳がないのだ。
バレてしまっては仕方がない。というより寧ろ有り難い。
お陰で言いやすくなった、とアスランが口を開いた。
「シン、すまないが……」
シンの愚痴はどうせいつもの事で、今聞かなくても支障はない。それよりも早く向かわなければ。
「これからカガリに会いに行かなきゃならないんだ」
『アスハの所?』
「ああ、被災地の視察に向かうんだ。もう直ぐ出発だから今お前と話をしている時間がない」
そう言ってアスランが会話という名の愚痴を遮れば、シンは既に膨らませていた頬を更に膨らませ、ジロリとモニター越しに睨んできた。
『久しぶりにアンタと繋がったんですよ!いつコールしてもアンタ居なくって!』
「仕方ないだろう、俺だって任務がある。お前も同じだろう?」
『そうですけど!だから話せる時には話したいじゃないですか!』
シンの言い分も判らなくはない。けれど、時として通じない場合もある。それ位はシンにだってわきまえられるだろうと思っていた。
少しは大人になったと、思っていたのに。考えが甘かっただろうか。
しかし、そんな思慮する余裕すらなくなっていた。それだけ時間は切羽詰まっているのだ。
「シン、これ以上は無理だ……本当に時間がない」
『後五分、……駄目ですか?』
「我が儘言うな……」
後少しと食い下がるシンに、アスランは非情にもタイムリミットを告げる。
その言葉に、シンが黙る。
『…………判りました』
暫しの沈黙の後、シンはそう言って通話を切った。一瞬でブラックアウトするモニター。通話が切れる寸前見せたシンの顔が、アスランの網膜に残像として浮かぶ。
「…………」
通話を強制終了させた瞬間のシンの表情は、酷いものだった。

時間がないと全く相手をしてくれない薄情な恋人を、まるで恨んでいるかのような、そんな顔をしていた。



アスランとシンは、戦後離れ離れで暮らしていた。シンはそのままザフトに残り、アスランは流浪の末にオーブで生きている。
戻ろうと思えば、ザフトに復隊出来た。アスランが脱走したという記録は、戦中のどさくさか若しくは何かの謀略か、幸い公式には残っていなかった。それに現在プラントを束ねているのはかつての婚約者ラクスだ。今は違うとはいえ、彼女ならばアスランを己の膝元へ呼び戻すのは容易い事だったろう。
しかしアスランはオーブに残ると決めた。ラクスも止めなかった。代わりにキラを連れて彼女は争いなき平和な世界を成す為、政治の表舞台に上がったのだ。
唯一アスランの決意を認めようとしなかったのが、シンだった。
アンタ何で戻ってこないんですか!と泣き喚かれてしまった。もしかして俺のせいですか?と落ち込ませてしまった。
そうじゃない、と宥めるのに酷く苦労したのはもう随分前の事なのに、今でも鮮明に思い出せる程シンは当時荒れに荒れた。

否、荒れて当然だろう。

これをきっかけに二人は付き合い始めたのだから。

以前からそれらしい感情は互いに抱いていた。ただ自覚する前に戦争で引き裂かれた格好になっていたのだ。全て終わって、さあこれからという時にアスランはシンよりもオーブを選択したのだ。

『お前の事は好きだ。しかし今は国を、世界を助けたい』

行き場をなくした俺を救ってくれたオーブを、お前が憎しみ慈しんだ故郷であるオーブを、守りたい。

そう語るアスランにシンは頷くしかなかった。

『遠く離れても、想いは変わらないから』

その言葉はシンにも通じていると、思っていた。





フウ、と知らず知らず溜め息が洩れる。シンとの通話を終える度にアスランはいつも溜め息をついている。
シンの愚痴は大抵がキラの事だ。
艦長を亡くしたミネルバに、新しく艦長として配属されたキラ。イザーク率いるジュール隊とキラ率いるヤマト隊は、ラクスを加護する大事な部隊だ。シンはキラの部下として数々の任務をこなし内外に実力を認められてきている。その名声はオーブに居るアスランの元にも届く程だった。
アスランはといえば、オーブ軍に所属しカガリの補佐として日々各地を回っている。首相を護衛する傍ら、各地の軍事力を監視する役目を担っていた。ザフトとオーブ、両軍の機密を知るアスランだからこそ見極められる、とカガリに信頼されての任命だった。オーブだけでなく、地球軍側の施設や被災地等を視察して回る為、留守にしている事が多かった。

シンは宇宙を、アスランは地球を、各々駆け回る毎日。

当然簡単には会える訳もなく、モニター越しに話せる時間も限られていて。

けれど仕方ないと。今はそうするしかないと。



アスランはそう思っていた。

シンも同じだと思っていた。
Category [ SS ノーマル・CP ]
【ゲーム】裏。
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   2008/11/09[ Sun ] 23:08
予告通り?裏に今年のアス誕【ゲーム】の続きつかエロを公開しました。表以上にぶっ飛んでますので、(ある意味)壊れたアスランを覚悟の上でご覧下さいwww

でも残念ながらどえむじゃない。なりそうだったけど寸での所で我慢した。


しかしタイトル合ってないなー適当につけたからなーまあいいけどー。
(いいのか)
Category [ シン誕・アス誕・お題 ]
【永遠】
TB[ - ]  CM[ - ]  Edit   2008/11/02[ Sun ] 22:27
最初、シンの事しか考えてなかった。
自分の事なんか頭になかった。

シンを、幸せにしてやろう。

それしか考えていなかった。


だから、だから。






「アスランさん、誕生日おめでとうございます」

そう言われる度、いつも驚く。

「……え、あ、ああ」
「アンタまた忘れてたんでしょ」
「い、いや、忘れては……」
「本当ですかぁーー?」
「………………」
「目を逸らしてもバレバレですから」
「あ……うぅ……」

誕生日を祝ってもらって、忘れていたから当然驚いて、それをあっさり見透かされて、誤魔化してみてもやっぱりバレていて。
誕生日おめでとうから始まって、疑いの目を向けるシンからアスランが顔を逸らすまで。

何回同じ事を繰り返してきただろう。

誤魔化しても無駄ですよ、とグッサリ止めを刺され、アスランは渋々逸らした目線を再びシンに戻した。視界に映るシンはやっぱり呆れ顔で、はあー、と大袈裟に溜め息をついている。
「アンタってホント、自分の事は二の次ですよね」
そう言われるのも、もう何度目だろう。いちいち数えている訳じゃないけれど、何かある毎に繰り返されてるような気がする。クリスマスに正月、バレンタインだけは忘れないけれど、でもそれはまた別の理由があるからで。だからホワイトデーも忘れてしまう訳で。その都度言われる小言を、今では一言一句覚えてしまった程である。

つまり、それだけシンと一緒に居たという事。
シンと共に生きてきたという事。

アスランが今まで生きてきた時間の中で、まだそれはほんの僅かな時間ではあるけれど。

でも、これからも続く時間であって。
シンとの時間が多くを占めるかもしれなくて。


来年も再来年も、俺きっと言われるんだろうなあ。また忘れてたんでしょう!って。



シン、に。






「……アンタ何笑ってんですか」
「え、いや、別に……ふふっ」
「別にって、笑ってるから!今まさに笑ってるから!」

気付けば、自然と笑っていた。

叱られてしょんぼりするかと思いきや急に笑い出したアスランに、シンは最初こそ呆気に取られていたけれど、直ぐギャアギャアと喚き出した。
「何がそんなに可笑しいんですか!アンタ俺を馬鹿にしてんのかよ!」
「違っ……違う……っ、ふふ、ふふ……っ」
「笑うなーーッ!」
アスランが笑う度シンは烈火の如く怒る。折角誕生日を祝ってやろうとしてたのに!と滅茶苦茶怒っている。
けれど、それが、アスランにはただただ可笑しくて。

「去年も一昨年も、そうやって叱られたんだよな、お前に。今年もまた忘れて怒られて……きっと来年も再来年も、その先もずっとお前に怒られるのかと思ったら……何だか可笑しくなってな」

何とか笑いを噛み殺しながら、場違いにも笑ってしまった理由をシンに語った。


ああ、幸せだな、って。

そう思ったんだ。


そう言って、またアスランはクスクスと笑った。

今度はシンも怒らなかった。
代わりに。



「俺もアンタのお陰で幸せです。だからアンタも同じ位幸せになるんです!」

と、よく判らない理由を述べてアスランを強く強く抱き締めてくれて。




嗚呼と、頷いて、笑って。






少しだけ、泣いた。
Category [ シン誕・アス誕・お題 ]
Web 拍手
少しでもお気に召して戴けたならぽちっと 押してあげて下さいw

Web拍手

気紛れでお礼SSを更新中。 お返事は日記の方で不定期にしてたりしてなかったり。 日記へはリンクコーナーからどうぞw。
カレンダー
最新記事以外のログはカレンダー日付からどうぞ。
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
サイトについて
当サイトはガンダムSEED DESTINYの二次創作小説サイトで、シンアスオンリーで活動中です。 女性向の同人的要素満載な上、性描写を思わせるSSも多数UPしております。 (もろそういうのは全てR18裏に隠しております) そういったものが苦手な方、及びシンアスに興味のない方は、閲覧つらいかと思われますので回れ右して下さいませ。 そして学校、会社等の公共施設での閲覧もご遠慮下さい。

現在仮オープン中ですが、いずれ正式に開設予定。 しかしこれからオフ生活が繁忙期に突入な為、 年内の開設はけっこうきつい今日この頃。
ブログ検索
メール
管理人へのご連絡はこちらから。シンアス同志少ないのでいただけると泣いて喜びます。 ご意見ご感想、好きなシンアスシチュ等何でもOKですのでお気軽にどうぞ。

メールフォーム

お返事は余程の事がない限り必ずしております。 シンアスシチュが管理人のツボにはまったら書く可能性大w。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。